タウリン 効果 効能

タウリンの効果・効能

タウリンといえば栄養ドリンクに入っていることで知られています。
しじみに豊富に含まれる成分でもあります。
一体タウリンって何ものなんでしょうか。

 

タウリンは体内でも生成されるアミノ酸の一種です。
有名な疲労回復のほかにもいろいろな場所で人間のために働いてくれています。
タウリンもオルニチン同様、肝機能を強化してくれます。
さらに、タウリンには血圧やコレステロール、血糖値を下げてくれる力があります。
なぜなら肝臓から分泌される胆汁の量をタウリンが増やしてくれるからです。
また、肝臓に溜まった内臓脂肪を肝臓から取り除いてくれるので脂肪肝の予防にも役立つと考えられています。
ダイエットへの効果も話題です。
肝臓の働きがよくなり、血液中の毒素が体外へ排出され血行がよくなることで新陳代謝が活発になり、効率的に脂肪が燃焼されるという見地からです。
視力の回復や動悸、息切れやむくみにも効果が期待されています。

副作用の心配はほとんどありません

タウリンは過剰摂取した場合は自然に排出されると言われています。
体内で合成される成分ですから大きな副作用の心配はないとされています。
合成のものでは、ごく稀に吐き気や下痢の症状を訴える人がいるようです。
胃腸の機能を向上させるために胃酸過多になる可能性もありますから2000ミリ以下に抑えましょう。
アスピリンを使用している人はタウリンを摂らないようにしましょう。
栄養ドリンクには糖分やカフェインなどが入っていますから摂りすぎると糖尿病になったり、眠れなくなったりという恐れもあります。
低カロリーのものやノンカフェインのものも発売されていますから上手に選んで使い分けましょう。

豊富に含まれているのは牡蠣などの魚介類

タウリンが多く含まれているのはタコやイカ、サザエやホタテなどの魚貝類です。
島国に住む日本人にはうれしいお知らせです。
牛肉や豚肉、鶏肉にも入っていますが、魚貝類に比べると量は圧倒的に少ないです。
タウリンを食品から摂取したいなら断然魚介類です。
魚では血合い肉のほうが豊富で、野菜にはほとんど入っていないようです。
特に含有量が多いのはタコ、サザエ、ホタテです。
加熱すると栄養素が溶け出すという見解もあります。
お刺身やお寿司で食べる日本の食文化に感謝ですね。
生が苦手な人はスープなどにして汁ごといただくと旨味も一緒にいただけます。

 

副作用は体調等にも左右されますから一概にはいえませんが、レバリズムのようなサプリなどで摂取するときは容量や用法を守ることが重要です。
タウリンには医薬品のものもあり、保険が効くそうです。